コトバ屋 -平良吉章のブログ

心に響く言葉が人生を変える。

ネガティブな言葉をいうと不幸になる?人生上手く行かない?

195 views
約3分

前向きな言葉を使おう
辛い時きつい時は弱音を吐いてもいいんです。
時々急に不安になったり、人のために頑張ったり、頑張ってるのに誰にも感謝されなかったり、疲れて疲れて、も~!となっているときは、ついネガティブな言葉を使ってしまいますよね(僕も言います^^)。

皆さんもご存知の通り、ネガティブな言葉は、免疫力が下がったり、体調を悪くしたり、精神的に不安定になったり、人間関係で上手く行かなくなったり、運が悪くなったり、周囲の人にもマイナスオーラが伝染して自分も相手も嫌な気分にしたり、人生が上手くいかなかったりします。

でもね、我慢は逆効果。
どうしても弱音を吐きたくなった時、ネガティブな言葉を言いたくなった時は我慢せずに言ってもいいんです。

ただ、ここを気をつけると、ネガティブな言葉を使っても自分や周囲の人を嫌な気分にさせたり、良くないことが起こらなくなります。

それはとても簡単。ネガティブな言葉の後に必ずプラスの言葉を足して言うこと。

例えば、「疲れた~、でも楽しかった~!」「結構きついけど、筋トレは最高だよね~」「もう無理~、でも最後までやり切る!」「不安だけど、挑戦することに意味があるよね!」「本当は話したくないけど、話せばきっとわかってもらえるはず!」など、

ネガティブな言葉の後にポジティブな言葉を続けて言うと、やる気が出たり、性格を前向きに変えたり、粘り強くなったり、免疫力が高くなったり、心を安定させたり、体調を良くしてくれたり、行動力が上がったり、不安を軽減したり、幸福感を高めたり、運がよくなったり、すごい効果があるんです。

このようにネガティブな言葉の後にポジティブな言葉を続けて言うことを、心理学では「ベネフィットファインディング」といいます。

自己マネジメントが上手い人、ストレスを上手にコントロールできる人、明確な目標をもって努力している人の中には「ベネフィットファインディング」を上手く活用している人がいるんですね。

マイナス言葉を言った後はすぐにプラス言葉を言うだけで、脳はプラス言葉に反応してポジティブな心と身体の状態へもって行こうとしてくれます。

弱音を吐きたくなった時、疲れたとき、愚痴りたくなった時は、ぜひ「ベネフィットファインディング」を使って乗り切ってくださいね。

error: Content is protected !!