神様と仲良くなったカウンセラー平良吉章

神様と仲良くなったカウンセラー

人のためより自分のために生きよう。

120 views
約4分
人のためより自分のために生きよう。

こんにちは。神様と仲良くなったカウンセラーのたいらです。いつもありがとうございます。

「人のためにしてあげる前に自分のために生きなきゃダメだよ」というメッセージを込めて、今回は可愛い文字で「人のためより自分のため」を描いて記事に貼ってみました。

あなたは今、誰かのために無理をして頑張り過ぎていませんか。

家族のため、子どものため、大切な人のため、仕事のためと、自分のことは後回しにしていませんか。

自分が喜ぶこと、嬉しいこと、楽しいことを我慢して人のために生きていると、コツコツコツコツ不満が貯まっていくんですね。

そして、貯まった不満がいつか爆発して怒りや不安に変わってしまったり、我慢してきたことが原因になって心と身体が悲鳴をあげて病気になってしまったりするんです。

自分のために生きるから人に分け与えることができる。

例えば、私はこのブログに貼ってある手描きの言葉を考えたり描くことが大好きです。上手く描けたり満足のいくものが出来たときは、とても幸せです。

手描きの言葉をハガキに描いて誰かにプレゼントして喜んでもらえた時は、もっともっと幸せです。

自分が幸せを感じた後は、子どもたちにスイーツを買ってあげたり、「今度焼肉行こうか!」と誘ってみたり、洋服を買ってあげたりして、自分の幸せを楽しく自然に子どもたちに分けてあげることができるんですね。

まだ私の話は続きますが(笑)、私はシュークリームが大好きです。特にファミマの濃厚カスタードクリームのシュークリームが大好きです(^^)何個でもいけます(笑)。

シュークリームを買ったときは、とてもハッピーな気分になるので、自然に家族の分も買って帰ろう!という気持ちになるんですね。

最近コロナの影響で出張も行けていませんが、県外へ出張へ行って充実した仕事ができたり、楽しかった時はお土産を奮発してしまいます(^^)。

自分のために生きると自分も相手も幸せになる。

私は、離婚や夫婦関係の相談、法律的なサポートなどもたくさん経験させて頂きました。中には、子どものことを考えると離婚に踏み出せない方もたくさんいました。

そういう方に私は、「自分のために生きて下さい。親が不幸せなら子どもも不幸せです。親が幸せなら子どもも幸せなんです」と言うことがあります。

離婚の経験がない方にはピンとこないかもしれませんが、「離婚して子どもと会えない」などの例外を除き、離婚が原因で不幸になったという人は今まで1人も出会ったことがないんですね。

離婚をしたからといって子どもが不幸になるということもないんですね(例外もありますが直接離婚とは関係ないです)。

経済的なことを考えて我慢をして結婚生活を送ったり、相手に執着したり結婚そのものに執着するよりも、離婚をすることで心が解放されて親が幸せを感じていると、子どもの心も安定して幸せになれるんです。

日本人は人のためを美徳とする

日本人は、人のためになること、人のために生きることを美としてきました。様々な歴史的な背景などからそういう価値観が生まれてきたのだと思います。

私も子どもの頃、学校でもテレビでも「人のために・・・」を何度も見聞きしてきました。

でも今では、この考え方は間違いだとわかったんですね。

きっと最初に「人のために生きよう」と言った人は、自分の生き方を納得するために言ったか、「自分のために生きてから」と言うことを忘れたんだと思います^^。

私は自分の子どもたちにも、出会った子どもたちにも、「自分の好きなこと、やりたいことを思いっきり楽しんでやるんだよ」「自分のために生きれば必ず人のためになるから、気にしないで自分の好きな道を進んでいいんだよ」と教えてきました。

私も昔、ずっと自分のためより人のためにを考えて生きてきて、長い間心と身体を病んでしまった経験をしたので、「自分のために生きることが人のためになる」ということの大切さを痛いほどわかるんですね。

自分のために生きている人は、見返りを求めずに人に幸せを分け与えることでき、人に応援されるようになります。

そして分け与えた幸せは、巡り巡って必ずまた自分の元に帰ってくるんですね。

ちなみに神様や天使さんは、自己犠牲ばかりして自分のために生きられない人は、助けたくても助けてあげることができません。

理由は簡単です。どんなに神様や天使さんが助けてあげたりお導きしても、ざるのように自己犠牲への対象へと流れて行き本人には何も残らないからです。

もしこの記事を読んでいる方の中に、自分のことより、人のため、家族のため、仕事のために生きてる人がいたら、ぜひ今日から自分のために生きてくださいね。

error: Content is protected !!